【聞こえるのにわからない】~APD(聴覚情報処理障害)とは

補聴器を購入されて、装用に慣れてこられて、3ヶ月くらいたってくると「聞こえるのにわからない」とおっしゃる方がおられます。

この病名については、『耳鼻咽喉科の独り言』お気楽Dr.ジェスレッ君のブログから「きこえるのにわからない?APDって何?」で確認ができます。

聞こえるのにわからない
PicsArt

APDの症状について引用してみますと

・聞き返しや聞き誤りが多い

・雑音など聴取環境が悪い状況下での聞き取りが難しい

・口頭で言われたことは忘れてしまったり、理解しにくい

・早口や小さな声などは聞き取りにくい

・長い話になると注意して聞き続けるのが難しい

・視覚情報に比べて聴覚情報の聴取や理解が困難である

    (「APDの理解と支援」より引用)

「聞こえてるのにわからない」ーー仮に難聴でなくても、そういうことはありそうです。

この症状が続いていると、とても不安になってきますね。

耳で聞き脳でわかる補聴器がサポート

また、ことばの聞き取りは、音の聞き取りとは違った、補聴器の処方が用意されています。

最新型の補聴器であれば、AIが自動で①音環境を解析し、②会話の音と雑音とを区別し、③脳と耳を会話の内容に集中させることで、④内容を理解する、という脳の働きの4つのプロセスを助けてくれます。

Oticon補聴器総合カタログから

ほかに、手動で、特殊な音環境を想定したプログラムを個別に補足することで、きこえを補うこともできます。

これらは、AIによる自動調整と、PC内のメーカーのソフト(きこえの処方箋)による調整とで、お客様と専門店が、2人3脚で、学習してゆくものになります。

つまり、補聴器を購入したら、それでおしまい、ということはありません。

聞こえる、そしてわかるようになるために

3ヶ月たち、半年が過ぎても、きこえがご満足いただけない場合は、聴覚トレーニングという方法があります。

補聴器がなければ、聴覚トレーニングができないことになります。

毎日15分間の音読を約半年間継続することで、語音明瞭度が30%復活したデータがございました。

詳しい聴覚トレーニングの方法は、自分の声が聞こえないと話せない、やのどが疲れない音読法ふれておりますので、よろしければ参照ください。

まとめ

☆補聴器の選択

APD「聞こえてるのにわからない」場合には、まず、ご本人に適合する補聴器を選択いただくことが第一です。

☆補聴器の調整

それから、お店で補聴器の調整をされてください。高い音が低い音にかぶさったり、その逆があったりすれば、きこえづらいことになります。(それだけではございませんが)

自分のお耳の癖を補聴器に読み込む作業が補聴器の調整です。

☆聴覚トレーニング

補聴器を付けたら、お時間のあるときに、お耳と脳を鍛えて頂きます。

脳トレ本や新聞の見出しを活用し、音読していただくことで、口呼吸を修正し、口呼吸でなくなれば、きこえも自然に改善されてくるようです。⇒声で変わる健康増えている「声の病気」のこと

豊かな補聴器ライフを!

補聴器はあくまでも補聴です。

義足が自分の足の延長であるように、補聴器が「義耳」となってからだの一部となり、脳を守り、生活を豊かに感じられるようになるツールになるでしょう。

かんたんな自助努力については、こちらを参照ください。⇒嚥下障害と予防法 いじめに負けない鼻腔の内圧の力

周囲のサポート

「聞こえてるのにわからない」状態は、TVでも紹介され、社会問題になりつつあるようです。

特に、周囲の雑音やバックグランドミュージックが、聞こえの障害になるのでしょう。

補聴器をつけたり、聞こえの訓練をする自助努力のほかにも、周囲のサポートも検討してゆく必要がありそうですね。

ある解決策の提案(追記)2021/8/20

「聞こえるのにわからない」問題には、筆者自身も、長年悩み続けてきた背景があります。

自分が「聞こえるのにわからない」というのではなく、むしろ、もう少しお相手が「明確に話してくだされば聞こえる」のにという、不満になりますが、よろしければお読みください。

それで、次に解決策を提案し、追記いたします。

具体的には、「周囲のサポート」をもう一段ステップアップしていただき、よりよい日常生活を描けるようになればいいのでは、というものです。

それは、メディアのサポート

例えばNHKの「チコちゃんに叱られる!」(2018/4/13~)のチコちゃんの声は問題ではないかと思っています。

”チコちゃん”の声を聞いて、私のように咳が出る人も案外多かろうと思われるのです。

”チコちゃん”の声は、人間でいったら、のど声のポジションに当たる気がします。

音声学の権威にあたって、”チコちゃん”の声の波長を分析していただければ、母音の分量の少ない声になっていると、きっと確認できると思います。

おもしろくて楽しいキャラクターの”チコちゃん”ですが、もう少し息のポジションをあげて、母音の周波数をあげてみて頂ければ、万人の耳障りがよくなると思われます。

それから付け加えて、「言葉のセンス」について。「人流」は何度聞いても驚きます。参考資料を参照ください。

「人流」に違和感(つくば難聴めまいセンター)
「人流」の語、やはり抑制すべきでは(毎日ことば)

筆者からも一言。「人流」という、記憶に残りにくい、のどがしまる言葉で、どのくらい多くの人に、影響力がみこめるのでしょうか?

口の中でもごもご話すことになるこの言葉は、「聞こえるのにわからない」言葉でしょう。

たとえ、政府官僚や医師会の方が使われたからといって、メディアは社会の言葉の見張り役を怠っているのではないでしょうか?

上記のリンクのように「日本語の破壊」を感じておられる方もありますので、私も自信をもって、この件、警告したいと思います。

一般的に、専門用語や大切なことを相手に伝達するときは、口跡(発音)が命、息を止めて、一言一言、短く切って話して頂ける相手に伝わりやすいでしょう。 ⇒息を止め耳を澄まし記憶する法   話してるけど伝わらない

加えて、腹式呼吸や鼻呼吸を完全にして発声していただくために、食事の自己管理もお願いしたいところです。⇒息をはらんで力抜くこと  即!鼻呼吸にきりかえる法  気力回復、こりゃ神だわ!

では、以上になります。
よろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です