聞こえるのにわからない

【聞こえるのにわからない】~APD(聴覚情報処理障害)とは

補聴器を購入されて、装用に慣れてこられて、3ヶ月くらいたってくると「聞こえるのにわからない」とおっしゃる方がおられます。

この病名については、『耳鼻咽喉科の独り言』お気楽Dr.ジェスレッ君のブログから「きこえるのにわからない?APDって何?」で確認ができます。

APDの症状について引用してみますと

・聞き返しや聞き誤りが多い

・雑音など聴取環境が悪い状況下での聞き取りが難しい

・口頭で言われたことは忘れてしまったり、理解しにくい

・早口や小さな声などは聞き取りにくい

・長い話になると注意して聞き続けるのが難しい

・視覚情報に比べて聴覚情報の聴取や理解が困難である

    (「APDの理解と支援」より引用)

「聞こえてるのにわからない」ーー仮に難聴でなくても、そういうことはありそうです。

この症状が続いていると、とても不安になってきますね。

耳で聞き脳でわかる補聴器がサポート

また、ことばの聞き取りは、音の聞き取りとは違った、補聴器の処方が用意されています。

最新型の補聴器であれば、AIが自動で①音環境を解析し、②会話の音と雑音とを区別し、③脳と耳を会話の内容に集中させることで、④内容を理解する、という脳の働きの4つのプロセスを助けてくれます。

ほかに、手動で、特殊な音環境を想定したプログラムを個別に補足することで、きこえを補うこともできます。

これらは、AIによる自動調整と、PC内のメーカーのソフト(きこえの処方箋)による調整とで、お客様と専門店が、2人3脚で、学習してゆくものになります。

つまり、補聴器を購入したら、それでおしまい、ということはありません。

聞こえる、そしてわかるようになるために

3ヶ月たち、半年が過ぎても、きこえがご満足いただけない場合は、聴覚トレーニングという方法があります。

補聴器がなければ、聴覚トレーニングができないことになります。

毎日15分間の音読を約半年間継続することで、語音明瞭度が30%復活したデータがございました。

詳しい聴覚トレーニングの方法は、(10)自分の声が聞こえないと話せない、や(15)のどが疲れない音読法でふれておりますので、よろしければ参照ください。

まとめ

☆補聴器の選択

APD「聞こえてるのにわからない」場合には、まず、ご本人に適合する補聴器を選択いただくことが第一です。

☆補聴器の調整

それから、お店で補聴器の調整をされてください。高い音が低い音にかぶさったり、その逆があったりすれば、きこえづらいことになります。(それだけではございませんが)

自分のお耳の癖を補聴器に読み込む作業が補聴器の調整です。

☆聴覚トレーニング

補聴器を付けたら、お時間のあるときに、お耳と脳を鍛えて頂きます。

豊かな補聴器ライフを!

補聴器はあくまでも補聴です。

義足が自分の足の延長であるように、補聴器が「義耳」となってからだの一部となり、脳を守り、生活を豊かに感じられるようになるツールになるでしょう。

周囲のサポート

「聞こえてるのにわからない」状態は、TVでも紹介され、社会問題になりつつあるようです。

特に、周囲の雑音やバックグランドミュージックが、聞こえの障害になるのでしょう。

補聴器をつけたり、聞こえの訓練をする自助努力のほかにも、周囲のサポートも検討してゆく必要がありそうですね。

コメントを残す