声帯の動画から見る、鼻腔の内圧の声

声帯の動画から見る、鼻腔の内圧の声

今日は、声帯の動画から判断できる、鼻腔の内圧で出している声について、参考資料をもとに考えてみることにしましょう。

お気楽Dr.ジェスレッ君、耳鼻咽喉科医の独り言のブログから、発声法のお手本となる声帯の画像と音声を見つけました。まずはじめに、声帯の複数枚の画像があり、そのあとで、声帯の動画があり、女性の声が聞こえてきます。
国家試験からひも解く耳鼻咽喉科の病気~喫煙者の長引く声がれ~

傷ついてしまった声帯の図

さまざまの静止画像は、傷ついてしまった声帯の図で、徳永医師によると、それぞれ、声帯ポリープ、声帯溝症、喉頭癌、乳頭腫、ポリープ様声帯と呼ばれ、わかりやすい解説が、ほどこされておりました。私のような素人には、未知の神秘の世界そのものの体験をしました。

長年、「のどがかれてる」「血だらけ」「火がついている」「ただれている」等とは聞いていましたが、ここまでの図を想像することはできず、「百聞は一見にしかず」とは、正にこのことでした。

声帯の動き~動画で見られる声帯の振動

反面、動画の声帯の振動は、驚嘆しました。一度見たら一生忘れられず、貴重で美しい、なんとも切ない宝物のような映像に思われました。

この声が、のど(声帯)から離れた声で、鼻腔・副鼻腔の内圧で出している声になります。

声を出している女性は、特に歌うのでもなく、張り上げるのでもなく、ふつうに声をのばしているだけでしたが、これは、誰でもできることではないかもしれません。

「水球」という競技がありますが、水に浮きながら水面上に半身を出して、球を投げたり、キャッチしたり、シュートしたりするけれど、水面下では、猛烈な立ち泳ぎをしているのですよね。

水球 ウキペディアから

いい例えかどうかわかりませんが、息の湖面にうかんだ声を口蓋の下に落とさないようにしています。声は球、水面は(5)声を出す場所のイメージ、上半身は鼻腔の内圧の息であり、口の下(喉頭)では、腹筋で(横隔膜という人もいます)息の柱をしかと保ち、ふいごのように、息を供給し続けている形になります。

ですので、鼻腔・副鼻腔で声を出し始めることはできても、その声を同じ場所で、同じ分量の息を持続しながら、声を出し続けることは、案外テクニックがいることです。

動画の女性は、小さな声ということもあり、簡単にそれをやってのけておられる気がします。

耳を鍛えること

鼻腔・副鼻腔の声を出したいと思うのなら、どんな声がそれであるのか、耳を鍛えることも重要です。

他人にとって気持ちの良い声なのはもちろんですが、自分にとっても、気持ちの良い声であることは、声で変わる健康や(7)声の回し方でもお話した通りです。

「しびれる声」「とろける声」「けだるい声」「物憂い声」など、酔い心地をさそう、あるいは、恍惚感にひたらせてくれる声というのは、わかりやすいし、大体いい声といって差し支えないと思います。

でも、感じ方はいろいろです。たとえば、エディット・ピアフの「バラ色の人生」は有名ですね。

ただしその声は、いまいち、健康的であるとは言われません。(私の事は棚に上げて、へへへ)

ピアフは、多くの後進に影響を与えた、偉大な歌手で、個性的ですし芸術的ですが、発声の基礎のお手本としては、真似をしたら、きっとうまくゆかない人のひとりだと思います。

ですので、そういう、個性的な人々はたくさんおられますが、自分の声をつくるときは、その方々の真似は必ずしも功を奏しませんので、注意が必要です。

名歌手の歌い方を真似しない

鼻腔・副鼻腔の声、声帯から離れた声というのは、ある意味、手探りの感覚です。

いい声を出しているときの自分の声というのは、自分でもわかりますが、あまりはっきりと自分に聞こえては来ない種類のものです。

逆に、余りに良く(十分に)、自分の近くに聞こえる声の出し方というのは、のどをしめている、声帯に負荷のかかる声であることが多いです。⇒声で変わる健康

それで、名歌手の真似をして、自分の似せた声を聞きながら歌うと、経験から、うまくいったためしがないですし、ほかの人が真似をされるのを見ていても、感動を与えることはおろか、声帯に負荷がかかってうまく歌えない事になりそうです。

耳と鼻腔は耳管でつながっている!

なぜ、余りに良く自分の近くに聞こえる声がいけなくて、遠くにきこえるのがいいのか、、、鼻腔と咽頭腔、中耳腔は耳管でつながっているから、中耳に、鼻腔の内圧が伝播しているかもしれません。

外耳と中耳の境にある鼓膜をはさんで、両側の空気圧に差があるとき、鼓膜は低い気圧の方に膨らむようです。

それで耳を空気でふさがれた状態になり、自分の声はいささか遠くで聞こえてくるという推測です。

そのため、内圧で声を出す、とか、内圧を頼りに声を出す、といういい方をさせて頂いてます。

ただ「内圧」というのも、内側から圧力をかけるように、間違われそうですが、これも違います。

どちらかというと、おでこ(額)や空気中から、圧迫、プレッシャーをかけられている感じに近くなります。

ちょっと完全に自分の世界になるような錯覚もあります。あるいは、彼の世にあるような不思議な気分です。

結論として、他人のいい声というのは、感受性や耳を鍛えることでわかりますが、自分のいい声は、内圧を感じることで、いい声であるとみなすということになります。

そして、内圧を感じることは、不思議な感覚であると同時に、(1)声の出し方(味覚、幸福感、達成感のイラスト)で触れた、とても気持ちのいい感覚になります。

声で感じる距離感(ソーシャルディスタンス)のおすすめ

鼻腔・副鼻腔の内圧を表現しようとして、別に思いついたことがあります。

たとえば、内圧の強弱が変われば、人と人との距離、建物や部屋の広さなどの距離感が、かわってくることが発生します。

一般的に、鼻腔の内圧が強くなってくると、手足が大きく動きますので、人との距離も広くなってくるように、観察しています。

畳文化の歴史とか土足の生活形態とか、今は話題にしませんけれども、鼻腔を鳴らす、響かせる、には、お互いにそれを味わいあう距離が大切で、それが、生活の楽しみの一つとになると考えて頂けたらと思うのです。⇒声のぶつけ方を練習します「(5)声を出す場所のイメージ」

TVもYouTubeも娯楽や情報源としては、私たちの生活の大事な一部になってしまっておりますが、仮に自分が主役のドラマを美声でやっていただくことができるのなら、それが一番の自分の人生の楽しみになるのではないでしょうか。

声を楽しむ、耳を鍛えて声を感じる、自分の鼻腔の内圧を味わって声を出す、他人のことばや声を観察する、なんてことも、生活の楽しみ方のひとつに、ぜひ、していただけたらと思うのですが。

声は大事です、、、

そんなヒマないですかね。少しマニアックになってしまったかもしれません。

コメントを残す

前の記事

嚥下障害と予防法