聞こえる声というのは、鼻腔の内圧で、母音を鳴らした声になります。子音を軽く発音しなければ、体に力が入った、聞こえにくい声ということになります。日本語では、子音と母音を分けて発音する習慣はありませんが、鼻呼吸をして息のポジションを高くとれば、全く同じゴールにたどり着けるのです。