鼻腔の内圧は負けない力~「声のケア/声と健康」発声法 呼吸法

鼻腔の内圧は負けない力~「声のケア/声と健康」皆様の発声法

鼻腔の内圧は負けない力~「声のケア/声と健康」では、「声をつくること」が皆様に役立つものであると信じております。私はこの発声法を、”皆様の発声法”にして広めたいと考えています。

あまり声を出さない、発声器官のリハビリのような、声を出す体操になります。

「口呼吸の弊害」という情報が世間に浸透し、鼻呼吸を練習される方がふえています。

鼻呼吸ができたら次に、口でなく鼻で声を出さなければ、鼻呼吸は維持されません。

ここで利用している、「南欧式発声法」の南欧とは、スペイン、ポルトガル、イタリア、フランス等になります。母音の多い言葉の国を指しています。

発声は、母音の鳴らし方から始まることを覚えて頂きたいと思います。

そして、日本語は、それらの国の言葉より、ずっと母音が多いことにフォーカスしてください。

50音図の中で、絶対的に子音であるのは、「ん」だけになるからです。

日本語の表記の問題で、母音を発音する位置があいまいになり、息が下がって発音してしまい、結果のどが絞まることが起きているようです。

これを注意喚起し発声は、「母音をならして話す」つまり「鼻腔の内圧で話す」を広めることが、ブログのミッションです。

下のイラストは各記事のイメージです。クリックすると各記事に移動できます。