声で変わる健康

Photo by Ben Mack on Pexels.com

「呼吸法・発声法」~声で変わる健康

『声のケア』または『声と健康』主宰の、”よらんだ”です。これから、「声で変わる健康」と題し、南欧式発声法と呼吸法の話をはじめます。よろしくお願いします。

軽いけれどしつこい病気

長年、下表のような症状をお持ちの方が、私の周りにたくさんおられますが、みなさまはいかがでしょうか。

副鼻腔炎誤嚥声帯ポリープ
口呼吸顎関節炎アレルギー疾患
睡眠時無呼吸症候群吃音あがり症
せき・痰鼻炎音痴
記憶が悪いあくびがでない難聴
頭痛・肩こり味もう自律神経失調症
冷え性気力低下集中力低下
乗り物酔い便秘転倒・バランス

これは、あることが原因で起こる病名になります。思いつくだけでもこんなにあります。

日本耳鼻科学会の公式ホームページでは、病名別、症状別に、わかりやすく病態が確認でき、いくつかページを検索すれば、治療法も確認できそうです。一度ご覧になってみて下さい。(2021/5)

ただ、治療や手術で完治する症状ばかりではなく、一人一人の習慣や癖に由来する疾患でもあるのが、残念なところです。

どうしたら、こんな症状から卒業できるのか、日々お悩みではないでしょうか。

そこで、ご提案があります。

声を出す場所をかえると、体の血行がよくなり、新陳代謝がよくなり、健康的になれることがわかっています。

つまり、「声で変わる健康」があります。

止まらないせき

上の症状の一例で「せき•痰」ですが、コツをつかめば「声で変わる健康」を実感できることがあります。

例えば、痰がからんでくると、痰が気道をふさぎ苦しくなって、その痰を切ろうとして、発作的にせきをされるでしょう。

でも、実は、せきをしても、痰は余計に出てくるばかりで、いっこうに痰はきれないですね。とても、やっかいで苦しいです。

それに、せきこんで、せきが止まらなくなれば、全身の体力も消耗するでしょう。

本当は、楽なせき、というのがあります。

それは、人にも寄りますが、コツを覚えてしまえば、できるようになります。⇒お急ぎであれば(10)咳の場所をかえて痰を切るへ飛んでください。

その方法でせきが切れるようになるとしたら、やってみたくありませんか?

食道と気管の図

この図は、咽頭と喉頭の区分、食道と気管を表しています。

痰は、喉頭にたまることがあり、膿は、副鼻腔にたまることがあるようです。これは、人によってたまる場所が違っているようです。

鼻腔の圧力を高めると、のどを痛める事なく、すっきりと痰がきれることがあります。

そのやり方は、呼吸や発声の習慣をかえることで、うまくゆきます。

なぜ呼吸や発声を変えれば、痰が切れるのでしょう?

実は、私たちは、せきも声も同じ場所で出していることがわかっています。

声を出す場所を変えてみると、せきの場所もかえることができるようになってきます。

それで、これから何回かにわけ、順を追ってやり方を説明したいと思います。

せきも声も同じ場所でしている!?

せきをのどでする癖のついている人は、「声の出し方」にそもそも問題があります。

どんな「声の出し方」がいけないのでしょうか?

声は声帯でだすのか?

私が子供の頃は、音楽の先生から「声はのどで出すもの」と教わりました。

今となっては、残念ですが、それは、間違いだったと言わねばなりません。

下の声帯のイラストをご覧ください。

ふつうの安静時には、声門が開いており、深呼吸をすると、もっと開きます。(図の左側)

そして、発声時には、声門が閉じた状態で空気(息)が通り、声帯が振動して発声がおこります。(図の右側)

音は空気の振動ですから、声帯にも声門にも、空気の貯まる所はなさそうです。

つまり、「声」という音は、ある別の場所の空気(息)が振動し、声帯が共鳴して、聞こえるものになります。

このように、声帯を意識して能動的、または故意に力を入れて、声を出すことは間違ったやり方なります。

間違ったやり方ですと、悪い健康がもたらされてしまうのです。

よろしければ参考までに、声帯動画に見る、鼻腔の内圧の声を参照ください。傷ついた声帯の画像や発声時の声帯の動画にアクセス(外部リンク)できます。

のどの炎症

さて、みなさま、ご自身が出している声は、どこにあったでしょうか?いま、軽くせき払いをして、確認されてみてください。

もしも、このように、声帯の在る「のど」で、せきをしていたら(=声を出していたら)すこし大変です!

声帯という筋肉は傷つき、炎症をおこし、のどが腫れてしまいます。やりすぎると!

のどが腫れたら、気道は狭くなり、呼吸によくありません。

のどにも、あごにも、肩にも力が入り、血流がわるくなってしまいます。

次回、のどが疲れない声を、ちょっと作ってみましょう!

のどが疲れない声や楽なせきをものにされると、上記の表の疾患の症状がかわってくると、期待できます。

近い将来、その声で変わる健康があります。

わたしは、「声で変わる健康」を多くの人にお伝えし、健康の喜びをわかちあいたいと願って、このブログをはじめました。

今日の最後のまとめとして、少しでも「声で変わる健康」に興味を持っていただくために、健康になってゆくプロセスと兆候をご紹介しますね。

のどが疲れない声の出し方習得のプロセスと兆候

①声が変われば顔が決まり、姿が決まり、心も体も弾んできます。
②コツがわかったら自分で習慣にします。
③夜、練習しすぎると、興奮して眠れなくなります。
④「声で変わる健康」が成功すると「おしゃべり」になってきます。
⑤だまっていたり、じっとしているのがつらくなります。
⑥10年後、足のサイズが小さくなっています。
⑦生涯、寝たきりにならずに、現役でいられると思います。
⑧その他、いろいろといい変化があります。

ここまでお読みくださり、ありがとうございました。

次回は、のどが疲れない「声の出し方」をお話してみます。

ご質問お待ちいたしております。

お問い合わせから、お尋ねください。


投稿者プロフィール

jolanda
1964年生まれ。4年制大学卒業後、南欧式発声法研究所に入門。20余年呼吸法発声法を学ぶ。現在老舗補聴器店の支店長。鼻腔の内圧は負けない力~呼吸法「声ときこえのヒミツ」ブログを発信し始める。

コメントを残す