話してるけど伝わらない

【話してるけど伝わらない】~口跡(発音)の不正確さ

今日は、発音のトラブルがあり、あいまいな口跡(こうせき)をされていた方に、発声法をお伝えしたことを書きます。

補聴器店にこられた、ある方のお話ですが、話しているのに家族にうまく伝わっていないと、お嘆きでした。

「ちゃんと聞こえているので、家族と話しているけれど、時々言葉を間違われるので困る」とのことでした。

膝や腰の痛みがおありで、それを緩和するためにも、正しい呼吸法が大事ですので、この機会に声についてお話してみることにしました。⇒声で変わる健康

97歳のその方に、まず音読をしていただきました。
のどが疲れない音読法

言葉をたべている!?

口呼吸で会話をされる方の言葉は、息を吐きながら話されることがあるので、

言葉がまるで、口の中に飲み込まれているかような、食べられているかような風になっています。

ゆでたてのホクホクのジャガイモを、口の中にいれてみたら、美味しいけれど熱くて熱くて!そんな感じになっているイメージです。(すこし不謹慎ですが申し訳ございません)

これは、過呼吸と口呼吸の両方だと思われます。つまり、吐きすぎ吸い過ぎ状態です。

周囲が聞き取るのは、困難かもしれず、そのため、聞き間違いがおこることは想像できました。

音読の結果

1分で読むところを、1分50秒かかって、音読は終了しました。

はじめての挑戦でしたが、本当によくがんばってくださいました。記事ベージ、走れメロスの抜粋でした。

その後、時間があったので、発声器官のリハビリを15分ほどしていただきました。

声を出す場所がわかり、舌がすぐに思い通りになり、息をとめられる瞬間を何度も作る事が出来ました。

鼻腔で声を出す理由も理解されて、腹式呼吸であることも確かめられました。

途中いちども咳をされなかったし、ずっと口をあけたままでいられたし、つばをのみこむ不自由さも、全然感じられませんでした。

ずごかったのです。その方の改善されたいという熱意と、生命力(体力)のことです。

ただ、15分間ですがとてもお疲れになってしまわれて、分泌物が口の中におりてくるところまでには、至りませんでした。

そのあと、うれしいことに、その方の言葉や息がすこし整い、とても饒舌になられてゆきました。

戦争中の爆撃で耳を傷めたお話をされてゆかれました。

望まれる体制づくり

こういうトレーニングを繰り返し毎日していると、確実に息は整い、相手に伝わる発声法が、定着するのではないかという、希望的観測があります。

時間はかかるので、難なく何回も練習ができるような、体制づくりが、望まれるところです。⇒増えている「声の病気」のこと

この記事を書いた人

jolanda

1964年生まれ。浜松出身。4年制大学卒業後、南豪州小学校で約1年間インターンシップ。日本語、日本文化の民間交流。東京のソフトウェア会社をへて、南欧式発声法研究所に入門。その後発声法教室運営20余年。現在は帰省し老舗補聴器店の支店長。弁別測定のききとりで「う」が「ん」に聞こえることに危機感。意識すると声帯筋肉に力が入るのは、現代語(発声法)の影響であると気づき「お互いに意識しすぎない社会の実現」と「意識しても声が出せる健康的な習慣の周知」を夢見て活動中。しずおか言友会所属。