自分の声が聞こえないと話せない

【自分の声が聞こえないと話せない】~お客様の苦情

最近のデジタル補聴器の、性能の進化はめざましいものがあります。

ただし、装用される方の自声音(自分の声)を一番たくさん拾ってしまうために、苦情を伺うことがございます。

今まで聞こえなかった、ご本人のお声(音源)とその雑音を減らしていただく、研究をすることもあります。

大概は、補聴器のベント(耳穴型内部を通抜ける細いトンネル)を塩梅することで、解決するようです。お使いの補聴器を確認されてください。

ベント例:通気性確保と耳閉塞軽減

また、補聴器なしのときには聞こえなかった、骨導音がきこえてしまいます。

自分の声が変わって聞こえるのはそのためと思われます。

骨導音をへらす試みも提案させていただいております。

下あごをあけたまま話をすることです、が、健康にもいい試みですし、緊急の問題でもありますね。挑戦をお願いいたしております。

既に自分のお声の違いは、補聴器からすぐに確認できるのですから、ぜひブログの説明に従って、骨導音の響かない鼻腔・副鼻腔の声を試行錯誤されてくださいませ。

補聴器の適合検査

またさらに、補聴器の適合検査を必ずしております。

選んで買っていただいた補聴器が、ご本人に適合しているのか、CDテープの声を聞き取っていただくものになります。

まだこの検査をされてない方は、ぜひご来店くださいませ。

このお店では、80%以上の理解の方が多いですが、時には、60%理解の方もございます。中には、コミュニケーションを諦めてしまって、購入後ご来店のない方も、残念ながら時々おられます。

こちらでは、80%理解をめざし、ご一緒に脳トレをしていただくことをおすすめいたしております。

聴覚トレーニング

脳を鍛える大人の音読ドリル

この本の中で、川島教授が、音読をすると、大脳の聴覚野まで刺激するので、認知症予防に良い、と書いておられます。

実際にこの本を使用して、聞こえがよくなった事例を発表されている論文もございました。

論文:いわゆる”脳トレーニング”によって語音明瞭度の改善した感音性難聴症例

それは、2005年7月時点、両側高度感音難聴の女性が、語音明瞭度右30%, 左20%であったのに、上記の脳トレを6ヵ月継続したら、右耳の語音明瞭度は、60%まで改善したというものでした。

この論文によって勇気づけられ、当店では、積極的に音読を奨励しております。

お客様の中には、「聞こえがよくなるのと同時に、味覚や嗅覚ももどってきている、なにより、口がまわるようになった」とたいへんお喜びでした。口呼吸の改善で、聞こえはよくなるようですね。

【自分の声が聞こえないと話せない】~聴覚フィードバック

また、別の本で、聴覚フィードバックの大切さを知らされました。

重野純著「聴覚・ことば」

この中で、重野先生は、「音声の生成と知覚は互いに密接な関係にある」とし、ことばを正常に発せられなければ、ことばを聞き取ることは困難になる、と書かれております(聴覚フィードバック)。

付け加えて、私たちは、話そうとしている音声と、実際に話した音声とを比較して、それらが一致するように絶えず調整を行っているし、その作業は、ことばを聞き取る際にも、利用されている、とのことでした。

つまり、自分の声が自分に聞こえなければ、話せないということになるわけです。

実際に、お客様が、『根』と『目』を聞き分けることは、困難を極めておりますので、「NE」と「ME」の違いを区別しなければいけないでしょう。

音読をされているうちに、口がまわるようになり、『N』『M』の違いを使いわけるようになられてくるはずです。

あわせて、このブログの呼吸法により、鼻腔・副鼻腔に声を集めていただければ、眼、鼻、耳周りの血行がよくなることもわかっています。

それなりに時間はかかりそうですが、よいききとりのためにも、鼻腔・副鼻腔で発声する音読は、いい効果をもたらしてくれると思われます。

コメントを残す

前の記事

話してるけど伝わらない

次の記事

聞こえるのにわからない