(6)息の通り道

息の通り道

前回は、舌で声の出る場所(鼻腔・副鼻腔)の息をふさいで息漏れを防ぎ、湖面(声を出す場所のイメージ)を作って、そこから沈まない声を出すように、訓練していただきました。

今回は、鼻呼吸をして、さらに鼻腔・副鼻腔の内圧を高め、これから、息を持続したり大きな声を出せるように、息の通り道を確認しましょう。

歌の字

(5)声を出す場所のイメージでは、声を息の湖面の上で弾ませるように、

(4)2階で声を出すでは、1階で子音を軽く、2階で母音を響かせることをお伝えしました。

歌という漢字を見てください。口が2つあります。

よくみると、人間の横顔のように見えませんか???

右側のつくりの部首は『あくび』ですが、のど(咽頭から喉頭)に見えないでしょうか?

それで、『へん』の部分は、口蓋(口の中の天井)をはさんで、下は1階の口腔、2階は、鼻腔・副鼻腔に、なんとなくみえてきませんか?

漢字は、古代中国からの表意文字ですが、すごいヒントを頂きました。

この漢字でみてゆくと、あくびの部分ですが、息(空気)の貯蔵庫になります。つまり、息(空気)はためておくだけで、動かさないでいただきたいのです。

息(空気)を動かしてよいのは(息の通り道は)この漢字上では、左上の『可』部分だけになります。

前から見ると、こんな感じです。手書きで失礼します。

息の通り道

呼吸の時に息がどこを通るのか確認する
息の通り道と声の通り道について理解する

以前、声を出す場所を見つける練習をするときに、「小さな声で短く」とお願いしたのは、鼻腔・副鼻腔あたりの息(空気)だけを使っていただくためでした。

「はっ」を発声するのに必要な分量だけ吸っていただき、声をだすと、息がこぼれ、声帯が閉じ、息は下がった状態になってしまいますので、すぐに、息をもちあげて、一番はじめの発声時と同じ状態に戻らなければいけません。⇒(9)息の持ち上げ方即!鼻呼吸にきりかえる法

このとき、息漏れを抑えるために、舌で口蓋をふさぐと効果的でした。⇒(10)舌根を前に出す

※もしもできないときは、舌を外に出してしまって、だしたまま、練習されてみるのもいいです。⇒嚥下障害と予防法

舌は下?

舌は、下と同音異義語になりますが、発声法では、舌は下にあってはいけません。

これから、舌は上にあるとお考え下さい。

例えば、一声発音すると舌は下に下がってしまうものですが、気づいたら、いちいち上にあげなおしてみてください。

舌を口蓋の天井に張り付け、息漏れを防いだ状態が、息を止めている状態になります。

息を吐きながら声を出してはいけない

さて、舌の使い方が大体わかったところで、次に、声や息が落ちた状態のことを見てみましょう。

息をはいたまま、息がたりなくなって、話し続けたり、動き回ったりしている状態が、息(声)の落ちた状態ですが、それは健康にとてもよくないです。⇒声で変わる健康

長くその状態を続けていると、体がしびれたり、力が入ってこわばり、あちらこちらに凝りが生じてしまいます。

息を鼻ですったら、その吸った息の分量だけの、おしゃべりや、動作、をすることから、はじめてみてください。⇒嚥下障害と予防法

息をたくさん吸う必要はありません。ただし、吸うたびにお腹がひっぱられること、それから、吐く息のことは、特に考えなくてもいいと思います。⇒のどが疲れない音読法

声を出すことが、吐く息ですし、声を出していなくても、息は勝手に漏れてなくなります。

息は横でなく縦に吸うこと

ここで、息の吸い方を確認します。吸う時は、鼻から目のまわり、眉間やその上あたりまで、縦に吸うことを心がけてみてください。図の矢印のようにされてください。

間違えても、口から吸って咽頭(のど)に息が激突!それで炎症をつくられたりされませんように、お気を付けください。⇒声の問題~よくある症例

(4)2階で声を出すでしたように、1階から2階へ、最短距離で上がれるように、息の通り道を確保されてください。

それで息の湖面(5.声を出す場所のイメージ)を続けて設定してください。

欠の部分に太い息の柱を感じる

(2)息をはらんで力抜くこと、でもお伝えしましたが、のど(咽頭~喉頭~気管)の息を利用するけれども、イメージとしては、頭のてっぺんから、臍下丹田につながる、太い孟宗竹を息の柱に見立ててください。

孟宗竹を息の柱に見立てる
<太い息の柱>

上図の歌の字のつくりの欠の部分に当たります。

発声時に、のどの奥や、後頭部にあるような、空気(息)を使わないで、満タンにして不動にしておいてください。

方言によって、感情の起伏によって、体調によって、声が、頭のどの部分から発せられるのだろうかと不思議になるくらい、声は、あちこちの頭の骨から、反響して聞こえてくるものです。

しかし、声をつくる決心をしたら、そのあちこちに散らばっている声は、あきらめていただきたいと思います。

理由は、腹式呼吸の(1)声の出し方をするため、そして、(2)息をはらんで力を抜くためです。

鼻腔・副鼻腔で声を出せるようになれば、声を回して、声を自由自在にコントロールできるようになりますので、声を出す場所はかわるけれど、方言も感情も、同じように表現できるようになるはずですから。

どうか何も心配されないで下さい。

さらに、今は短い声、小さい声の練習ばかりしていただいてますが、そのうち、大きな声や、息を持続させる方法を覚えなければいけません。

その時のため、息の太い柱は、重要なイメージとして、おさえておいていただきたいことになります。

では次回は、(7)声の回し方について、書いてみようと思います。

この記事を書いた人

jolanda

1964年生まれ。浜松出身。4年制大学卒業後、南豪州小学校で約1年間インターンシップ。日本語、日本文化の民間交流。東京のソフトウェア会社をへて、南欧式発声法研究所に入門。その後発声法教室運営20余年。現在は帰省し老舗補聴器店の支店長。弁別測定のききとりで「う」が「ん」に聞こえることに危機感。意識すると声帯筋肉に力が入るのは、現代語(発声法)の影響であると気づき「お互いに意識しすぎない社会の実現」と「意識しても声が出せる健康的な習慣の周知」を夢見て活動中。しずおか言友会所属。