息をはらんで力抜くこと

きょうは、声を出す場所である鼻腔・副鼻腔の位置がわかったら、さらに、その空洞を安定させてキープ(保持)するようにしましょう。それが、息をはらんで力抜くことになります。

前回までに、よくない声をだしていると病気の症状がある事(⇒増えている声の病気のこと声で変わる健康)それから声には、正しい声を出す場所がある事などをお伝えし、その位置を確認しました。

正しい声を出すにあたって、その声を、もっと長く、強く、たっぷりと維持できるように、下あごをあけて、軟口蓋を降ろし、体の力をぬくことを少しずつ見てゆきます。

下顎(あご)を開けること

まず、下あごの開け方ですが、下あごが開きにくい人もいますし、まれに下あごが開きっぱなしの人もおられます。

昔は、自動洗濯機も無洗米も炊飯器もエアコンも自転車もなくて、たいそう不便な生活をしておりましたね。

しかし、そういう生活の不便な時代には、労働のために体をつかい、下あごをあける習慣がありました。

労働歌などもあり、いい声、健康的な声をされてる方が多かったでしょう。

それでは、まず下あごを開ける前に、頭蓋骨の構造を見てみましょう。頭蓋骨は3つに分かれるとお考え下さい。

頭蓋骨は3つに分かれる

頭蓋骨型模型(Amazon) 頭蓋骨は青黄白と3つの部分に分けて考えられる

恐ろしい画像をお見せして失礼します。また、前回同様に、顔のとある部分に、人差し指と中指を当てて頂きます。

はじめに、『こめかみ』です。

すっきりとスジが通っていらっしゃいますか?へこみのスジがなくても命にかかわるわけではございませんが、あいていた方がいいかもしれません。

次に、『両耳の下』です。

下あごをあけるときに、少し前方に回すようにひらくと、いい感じです。

人によっては、反対咬合(噛み合わせ)になるかもしれませんが、息道を確保するためには、そういうことが多々あり得ます。

下あごをあけたときに、人によっては、「スカッ」とか「ぐにゃっ」とか音がすると思います。

本来は、下あごを開けた状態でおられることが健康的で望ましいです。

今初めて開けたと思われる方も、過去に何度も開けておられるはずですので、これからは、意識して、下あごを開けた状態でいられるように、訓練されることをおすすめいたします。

背筋を伸ばす

さて次に、気づいて頂きたいのは、こめかみと下あごを開けて頂くと、背筋がのびることです。

背筋をのばしたら、両耳下の下あごの付け根に指をあてたまま、口を結んでみて下さい。

口の中、舌の状態(基本)

この時、くちびるだけをとじて、上歯と下歯は、閉じないでください。

そして、最後に、できれば、舌を口蓋(口の中の天井)にバキュームのように、張り付けてください。

つまり、上歯と舌が一組となって閉じている感じになっています。

この状態が、基本となります。

口はぽかんとあいたままで大丈夫です。

その形で、軽く鼻呼吸ができれば、それが息をはらんでいる状態です。

口をずっと開けたままでいられる

この状態が一番楽であると感じるように、慣れていただければ、口呼吸の心配もなくなりますし、腹式呼吸も自然にできています。

声を出す場所である、「鼻腔・副鼻腔」以外のところから、発声はできないと思われます。

鼻の顔の内部も鼻穴の中も、みんなすっきり、空気でお掃除できますね!⇒のどが疲れない音読法

これをすることが、今は、簡単でない方もおられるでしょう。

しかし、一日に3回、あしたは5回、明後日は10回とふやしていくうちに、きっと習慣にできますので、今は、心配ご無用です。

なぜなら、このように息をはらんでいる方が、慣れたら気持ちがいいからです。

これが、息をはらんで力が抜けている、体の状態です。

これから先、1年後10年後30年後50年後を楽しみにしていただくため、楽な呼吸法をおすすめいたします。

軟口蓋をおろす

次に、軟口蓋についてお話します。

「(8)軟口蓋をおろす」でもっと詳しく説明しますが、今日のところは、頭蓋骨が3つにわかれて、舌が上の歯の付け根にあるとして、その状態で、うがいをすると考えたときに、軟口蓋が降りて、下のくちびるが緩み、下の歯茎をむいた、凄い顔になるでしょう。

これは、声を出しながらした方が分かりやすいので、のちほど説明させてください。余力のある方はコチラをどうぞ⇒(8)軟口蓋をおろす

一度にたくさん覚えるのは大変ですので、軟口蓋以外で、確実なところまで、進めておいて下さい。

がんばりましょう。

まとめ(声で変わる姿)

ふだん、下あごの位置、舌のやり場など、お考えになったことなど、ないのではないでしょうか。

ちょっと大変ですが、下あごを普通に開けられるようになると、今までいかに、息が足りなくて、自分の体に力が入っていたかを、知ることになるでしょう。

下あごをあけ、息をはらんだ(息の分量を増やせた)暁には、肩こり、首こり、腰の痛みなどと、お別れできるかもしれません。

このように、下あごをあけたまま普通でいられることが、「息をはらんで力抜く」ことの第一歩になるかと思われます。

下あごがあいて、息をはらんだ(息の分量がふえた)ことの目安は、肩の持ち上がり方でわかるでしょう。

両肩がすこし持ち上がり、わきの下が広くなって、肺が広がりやすくなると思われます。

わきの下の広がる目安は、テニスボールが入るくらいの広さの空間です。

立ち上がって確かめてみると、体の重心が上にくるので、腰への体重の負担が減っているのがわかると思うのですが、どうでしょうか。

つまり、胸が前に出てお尻が飛び出し、理想のS字形に近づいているでしょう。

さらに完璧を極めるのであれば、”ひかがみ”まで伸びることがわかるはずです。

膝の裏を”ひかがみ”と言いますが、「く」の字の膝を、逆「く」の字になるほどに、伸ばすことができるのです。

想像してください。ちょうど鶏が歩くような、片足立ちの動きになるでしょう。

鶏のようにやってみてください。

頭のてっぺんから、足のかかとまで、背筋を通って1本、バランスよく、ピンと伸びて、それは、気持ちがいいに違いありません。

なんだか体がうずずしてきませんか?

”ひかがみ”まで伸ばせたら最高です!

着物をきていたこと

むかしの日本人は、着物を着ておりましたから、自然に袂(たもと)を気にして持ち上げ、腕をのばす所作の癖がありましたよね。

自然に下あごをあけ、息をはらんでいたのではと、かんたんに想像できます。

私も現代人ですので、着物を着ることはありませんが、私のような方は、ぜひ古い日本映画とか文楽の人形の動きをネットでご覧になってみてください。

人形は上腕をかくっかくっとさせて、お水を飲むのも大袈裟です(笑)。人形なのに、まるで息をはらんでいるように動くのがわかって、とてもおもしろく、また美しいですね。

文楽の魅力

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です