(10)舌根を前に出す

無呼吸症候群の方々へ


今日は、睡眠時に、仰向けに寝ていると、舌がのどをふさいでしまう、無呼吸症候群の方々に、お伝えしたいと思います。

もしも、過呼吸(吐きすぎ、又は吸い過ぎ)になっていれば、それも、口呼吸になっていれば、それも、同時に改善でき、修正してゆけると期待しています。

【舌根を前に出す】~舌はときに障害物です!?

みなさま、もしかしてご存知ないかもしれませんが、舌というのは、こんな感じです。

ものを飲み込むのになくてはならない舌なのですが、、、

写真AC 

ご病気の方々には少し不謹慎な画像かもしれませんが、舌はときに気道をふさぐ障害物であるとわかっていただけたらと、思います。

眠っておられるときは緊張がほどけていますので、なおさら。お医者様は、横向きに休まれるようおっしゃいますね。

そこで、発声法では、舌根を前に出してのどをあけ、気道を太くする方法があります。

舌の根っこのつりもとを、下の歯の付け根まで近づけて、前にだしてしまう練習方法です。

舌先は前歯ウラにつけるか、上に巻き上げる

そこまで舌根を前に出すと、のど(気道)があいていて、お腹にもぷくっと、軽く力が入っている状態です。

舌根が前に出たら舌先が邪魔になるかもしれません。

舌先は、前歯のウラにつけて、硬口蓋にバキュームのように張り付けるか、さもなければ、上に巻き上げておいてください。

お腹に軽く力は入っていますが、そのほかの、体のどこの部分にも(肩、腰、腕、首、手足にも)力は入っておりません。

この状態を、昼間の覚醒時に、何回も練習しておいていただきたいのです。

そして、そのときの体の状態を感じてみてください!

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

しかし、これだけでは、ただの物理的体操ですので、この状態が、気持ちよく、簡単にキープできるようにしなければ、いくら体操をしても、またもとに戻ってしまわれると思います。

大事なことは、この状態で、声を出す場所を変えて、呼吸を楽にすること、になります。

発声法と呼吸法は、ブログの(1)から(7)までに、練習法をのせてございますので、多少時間はかかりますが、ぜひ、その方法で試されて頂けたらと存じます。この口の状態で!

念のためご案内しておきます。

声で変わる健康

(1) 声の出し方
(2) 息をはらんで力抜くこと
(3) 誤嚥を防ぐしくみ
(4) 2階で声を出す
(5) 声を出す場所のイメージ
(6) 息の通り道
(7) 声の回し方

換骨奪胎して、いま空を飛んでいます 写真AC

舌を硬直させない

舌が奥に引っ込んで、舌が硬直していると、酸素の補給が不十分となり、冷え性やからだの冷えに伴う病気が始まらないとも限りません。

のど(喉頭)を太く(舌根を前に出してのどをあける)し、体に酸素の補給をふやし、新陳代謝が活発になると、からだの体温も上がってきて、いろいろな病気の解消につながります。

手鏡を前に、一日のうちの暇な時に、口を開けて、、、、

舌根を前に出す練習は、単純でばかばかしいかも知れません。ですが、ものはためし!

効果を味わっていただけたら、この練習の真価をわかっていただけると思うのです。

舌根を前に出したまま、つばを飲み込めるようにする

舌根が苦労なく、前に出せるようになったら、その状態で自分のつばを飲んでみましょう。

舌根が前にくると、つばが沢山でてきます。

口の外にあふれてしまったら、ティッシュでぬぐうなどし、しばらく舌根を前にだしておきましょう。

その状態でつばを飲むには、ただ笑うだけでもできそうですし、あまり音を立てずに、下あごと両頬で、何度も笑う顔をしながら、舌の両脇を通って舌の奥の方へ、送って吸い込み、少しずつ飲み込んでみてください。

これができたら、もうほとんどゴールは目の前ですよ!

過呼吸の体験談

冒頭で申し上げた、口呼吸や過呼吸の問題ですが、それぞれの弊害については、(16)口呼吸はこわい! と少し(6)息の通り道で触れております。

過呼吸になると、低酸素症と似ており、継続していると、手足や唇の痺れがはじまり、呼吸困難、耳鳴り、悪寒をもよおすことがあります。

実をいうと、小学生の頃の私は、過呼吸症をよく発症しておりました。

鼻がいつも詰まった感じで、口呼吸そのものだったような記憶があります。

不整脈もあり、貧血でめまいがして、朝礼の時よく倒れる子供でした。

中学の時は、陸上や水泳をしていたのに、肩こりや腰痛があり、薬を服用していました。それはそれは、子供なりにつらかったのを覚えています。

肺活量が女性にしては高値だったので、余計に息を吸い過ぎて吐き過ぎておりました。

その原体験があったため、あとになり発声法を極める原動力になったのだと思います。

あごの発達にともなって、鼻の骨が整備され、自然に治癒してゆきました。

さらに発声を勉強してからは、吸い込んだ息を漏らさないよう、舌で鼻腔に蓋をすることを覚えました。それまで私の舌は(自慢ではありませんが)かなり硬直しておりました。

実際にあごの力が抜けてきたのは(舌根を前に出してから、舌で息漏れをふさぎ息の分量をキープする)コツを覚えてからだったような気がします。

私の過呼吸の時代は長かったのでした。余談ですが、お付き合い頂きありがとうございます。

そういうわけで、舌の使い方を覚えますと、呼吸が楽になり、からだが健康になる気がしています。

なお、舌に入ってしまっていると思われる、力を緩める練習法は、(13)くちびるの力を抜くでも紹介しておりますので、よろしければご覧ください。

口はあけっぱなしでも、口呼吸でなければ大丈夫!
パブリックドメインQから

※耳鼻科医の独り言:★いびきや睡眠時無呼吸は手術でよくなるのかでは、いびきや無呼吸になりやすい人の特徴が詳細にわかります。場合によっては、ご自身の鼻やのどのトラブルの器官について、情報を得ることも大切になるでしょう。

コメントを残す

前の記事

(9) 息の持ち上げ方