声で変わる健康

声を適切な場所、つまり鼻腔・副鼻腔を使って出すと、健康的です。具体的には、鼻呼吸で体の体温が上がり血行が良くなること、声帯の炎症を減らせること、腹式呼吸で腹筋がはたらくこと、体の関節や筋肉に無理な負荷がかからなくなること、などです。のど自慢、或いはのどを鍛えるなど昔から言われていますが、注意喚起します。