気力回復~こりゃ神だわ!?

声を出して熱を下げた!

今日は、以前、友人やお子さまが、38度くらいの熱を出して往生したときに、その熱を下げるのに、成功した話をします。

何年か前ですが、27才の友人が一人で東京に遊びに出掛けて、午後8時ごろだったと思います、連絡が来ました。

昼間むこうの友達とディズニーランドやら、あちこちに出掛けて帰ってきたら、熱が出てしまって、どうしよう、といって、宿泊先から私にメールをよこしました。

それじゃあ、とSkypeを立ち上げて、ちょっと声を出してみよう、ということになって、その友人は、留学前で『キクタン』を持ってましたから、キクタンの中の文章を読んでもらうことにしました。

熱は38度くらいだったようですが、だるそうなだけで、意識がはっきりしていて、私の言うとおりに、猛スピードで読んでくれて、間違えたところは、覚えるまで何回も、普段よりも少し厳しいくらいに、さらってくれて、ちゃんと正しく読み上げられるようになりました。

【気力回復】~こりゃ神だわ!?

あっという間に30分くらいたち、本人も夢中でさらってくれてましたから、熱のことはすっかり忘れていたようでしたが、思い出したように、再度熱を測ってもらったら、熱は36,6分まで下がっていたのでした。

その時彼女の言った言葉が、「こりゃ神だわ⁉️」だったのです。

声のヒミツがわかっていれば、ご自分でも、このくらいはできるようになります。

また、同じようなことを、知人のお子さまにも、してさしあげたことがあります。

熱が39度以上もあったり、気分が悪くて、起きられなかったり、するのでなければ、鼻腔をならす本読みを20~30分するうちに、平熱に戻るだけでなく、興奮して、記憶や思考力が増すことになります。

ちょっとしたことで、体調はとりもどせるものなんですね。

鼻水、鼻づまりの対策

それから、また別のケースになりますが、鼻づまりや鼻水が止まらなかったりする場合は、ティッシュを細長く丸めたものを、水で湿らして、歯茎とくちびるの間に、きゅっと挟んでもらったりします。

くちびるに力の入っている方は、ちょっと痛いかも知れませんが。

こうすると、鼻中隔の両側の鼻道が広がり、鼻が全体的に持ち上がって、鼻腔に圧力がかけやすくなります。

(注意!吸気が増える分ウィルスを吸い込む可能性もふえます、
    時期をみてお試しください)

鼻中隔イラスト素材ーPIXTA

結果、鼻が通ってきたり、鼻水が止まったりして、状態がよくなることがあります。

腹筋が働いて、呼吸が楽になってくるでしょう。ぜひこちらも、試していただけたらと思います。

食欲や気力の回復

ブログの説明を試されて、練習の成果が出てきて、いつ、どんなときも、鼻腔を鳴らして話せるようになってくると、だんだん趣向の変化も起こってくると思われます。

どなたにも共通していえることは、お腹がすいて、食べ物がおいしくなってくることです。(太りすぎ注意!)

それから、体が軽くなって、鳥のように空を飛んでる気分になった方もおられます。(頭声をだすとき)たとえば、肉体と魂がはなれるような感じ!?

体が軽く感じられると、活動的になってきます。

おいしい新鮮な空気を吸いたくなって、遠出してみたくなるでしょう。

何か新しいことに興味を持たれるような、気力の回復も見込めそうですよ。

吃音の方も

吃音だったある方は、この呼吸法と発声法をためしたところ、難発性吃音(第1声が出ない)が、連発性吃音(声を出しながらどもる)に変わったそうです。

のどに神経を向けなければ、とんでもないような声が発せられるものなのです。

そのとんでもない声が、実は、鼻腔・副鼻腔の声になります。

とんでもない声というのは、時に人を小馬鹿にしたり、猜疑心を感じてみたり、敵対するような、自分らしくない声であるかもしれません。

あるいはまた、自分をとんでもなく野蛮に感じられる声かも知れません。(人の感じ方は各人各様です。)

のどに神経を向けている、のどの奥の声というのは、感情的で、閉鎖的、つまり、開放的になるのを制御されている声でもありそうです。

鼻腔・副鼻腔から出す声、つまり、のどに神経を向けない声は、本能的で、動物的な声であり、音楽的で芸術的な楽器の声でもあり、自分本位の自由闊達な声でもあり、少し威張って無防備に感じられる声ではないでしょうか。

自分の声というのは、自分が聞こえているように他人には聞こえておりません。

人を気にせず鼻で、すなわち鼻腔・副鼻腔で話しているうちに、いつか自由自在に声を操ることを覚えてきますから、ぜひおためしください。

足腰の悪い方も

またある方は、足腰がしっかりして、バランスが取れるように変わってきたということです。

これは、転倒防止につながるので、とてもいいと思います。立ち姿が安定されてきます。

鼻腔・副鼻腔で息をコントロールできるようになると、換骨奪胎!頭蓋骨を切り離すことによって、両肩が持ち上がり、胸が広がって前にとびだし、腹筋が働いて腰に重心がすわり、お尻が飛び出してくるものです。⇒(2)息をはらんで力抜く

末端の足や腰の神経にまで注意が及ぶようになると、足が前に出やすくなって歩幅が広がり、歩く姿まで変わってくるでしょう。

私の場合ですが、著しいことは、足のサイズが24.5から23.0になったことです。

発声法をはじめて、そろそろ30年になろうとしてますので。足に及んで、からだが引き締まってきたようです。

息の力は、本当に凄いですよ!

みなさまもぜひ、がんばってみてください。

コメントを残す