このサイトについて

私が紹介している南欧式発声法は、私の先生(内山寛氏1933~2009)から口頭で教わったもので、このブログ内に記載の通りになります。

このブログの礎(いしずえ)には、大正時代から続く、日本での伝統的発声法があります。

私の師である内山先生は、舞台芸術学院創設者で歌手であった児玉好雄氏(1909~1986)からそれを教わりました。

ベルカント唱法

児玉先生は、まずアメリカで7年発声を学んだあと、ミラノで活動するため渡伊したのですが、

そこでアメリカの声を全部やり直しさせられることになり、さらに5年間、ミラノでベルカント唱法を学び帰国されたそうです。

内山先生は、音大入学はかなわず、児玉先生に師事し、歌手を志しましたが最終的に、オペラ関連の仕事にたずさわりました。

本業は、NHKのラジオジャパンで、国内外のイタリアの情報を発信し、同時に、下八川圭祐先生(1900~1980)の声楽専門学校でプリマドンナの方々に語学を教えたり、公演資料の翻訳などをしたりしました。

内山先生はもともとオペラが好きで、イタリア語を始めたそうですが、歌手をあきらめ、その後イタリア演劇の翻訳と上演に情熱を傾けることになりました。

ライフワークとして、夏目漱石と同年、1867年生まれのノーベル賞作家、ルイジ・ピランデルロの戯曲を翻訳し紹介することに人生をかけていたようです。

生前内山先生は、イタリア語の通訳として、NHKイタリア歌劇公演の仕事に携わったとき、

マエストロのエレーデ氏(ミラノ・スカラ座指揮者)クワードリ氏(同左)のちにフェラーラ氏(映画「道」の指揮者)、

それから、ティト・ゴッビマリオ・デルモナコタリアビーニ、プロッティ、パオロ・モンタルソーロ、アンナ・ディ・スタージオ、サンタ・キッサリら、そうそうたる面々と、

合間に雑談をしたり、舞台稽古に付き合うことによって、さらに、ベルカント唱法について、発見したようです。

それで結論として、ベルカントの神様は、ティト・スキーパである、ということのようでした。

ベルカントの神様

ベルカント唱法で歌う歌手というのは、わずかに実在するばかりで、はじめ、若手は皆んな、ベルカント唱法を勉強するのですが、

売れ筋のオペラで、ヴェルディの後期の作品やプッチーニ作品を歌い過ぎたりすると、それが祟って(たたって)声をダメにして、ベルカント唱法でなくなってしまうということのようでした。

歌唱力(成長の段階)

オペラ歌手を成長の段階で4つのタイプに分ける方法があり、①レッジェーロ②リリコ③スピント④ドランマーティコとなってゆきます。

また同時にこれは、作品を区別するのにも使用されて、愛の妙薬はレッジェーロ、道化師はドランマーティコと言ったりもします。

スキーパは、4タイプとも全部歌っていますが、得意としてとどまった役としては、レッジェーロの役といわれています。

それで、これから、ティト・スキーパのことを書けば、自然にベルカント唱法の説明になると思いますので、そうさせてください。

ティト・スキーパの魅力

スキーパは、メッザボーチェ(半分の声)で歌うとか、ヴォーチェ・ディ・ミクロフォノ(マイクの声)とか言われていました。

つまり、オーケストラの合奏を凌ぐような大きな声を出したり、指揮や曲に合わせて歌うことはしませんでした。

また、はじめにメロディができていて、あとで節(ことば)をつけたような、言葉の抑揚に不自然さのある曲も歌いませんでした。

鼻腔の内圧でコントロールしながら、自分はもちろん、お客を最高に酔わせる美声の持ち主でした。

他の歌手と特に違うところは、発音の美しさ、言葉の正確さ、明瞭さ、繊細さなのだそうです。かのシャリアピンが、「自分の発声法はスキーパのレコードを聞いて学んだ」といっている、逸話があるほど。

声がのどに全く入らない、非の打ち所がない、天才というか職人でした。

スキーパの前にもあとにも、スキーパのような神様はいなかったと、当代の耳の肥えた聴衆達がいっていました。

ベルカント唱法をものにすることは、人が楽器となる技術を備えたことであり、

歌手が、想像したり創作したりする、すべての心や感情を、声の上にのせて、伝えることを可能にします。

つまり、自分の声を自由自在に操れることであり、例えば、高い音域も低い音域も、速いカデンツアもトゥリルも、強弱も緩急も、思いのまま表現できることになるわけです。

鼻腔の内圧を頼りに歌うので、のどを痛めることもなく、本人はとてもいい興奮と恍惚感に浸っており、こんないい商売はないというような、羨ましいスターなのです。

時代の声!?

スキーパの活躍した舞台は、1910年~1950代のミラノやパリの社交界のサロンでした。

貴族たちのソーシャル(夜の余興)に欠かせない存在だったようです。

スキーパはレッチェという、南のフィレンツェといわれた、地図でいえば、イタリア半島の長靴のかかとの所の出身で、

勉強はミラノでされたようですが、その先生は、マエストロ ピッコリといったそうです。

児玉先生もピッコリ先生に教わってきたので、スキーパに会っていて、スキーパの兄弟弟子なんだと聞いています。

スキーパは、声をダメにしたくなかったので、ダメになりそうな歌曲は、歌うのを断っていたそうです。

スキーパの声を聞くと、呼吸のリズムが規則的であるため、聞く者の息が楽になって、鼻がすっきりしてくるようです。

穏やかできれいな海、心地いい風、静寂な晩の月、、、まだナポリへ行ったことのない人まで、甘くうっとりとさせられます。

さて、スキーパ、児玉氏と同時代の日本のテノールに、藤原義江氏がおられました。

『漂泊者のアリア』

義江氏の生い立ちと生涯は、古川薫著『漂泊者のアリア』に記されております。

内山先生が、NHKのオペラ通訳ができたのは、義江氏の紹介のおかげと聞いています。

藤原歌劇団を創設し日本のオペラ振興に尽くした人ですが、自らもミラノで勉強されて、ミラノでデビューして帰国されました。

「東洋のバレンチノ」とよばれた美貌のテノールで、一世を風靡しました。

彼の歌もベルカント唱法なので、ここにとりあげなくては、と思いました。

『鉾をおさめて』『出船』『出船の港』『波浮の港』など、義江氏の名前は知らなくても、

その曲や歌声を知っている人は、少なくないと思われます。まさに日本の心、憂いのあるお声と思われます。

でも、彼の特にすごい技術は、ロッシーニの『タランテラ』でわかると思っています。

彼よりすごい『タランテラ』を私は聞いたことがありません。

この曲はテンポが速いし、ことばが明確でなければいけませんし、基礎が身に付いていなければ、挑戦するのは難しい曲です。

義江氏はとても早口なのでした。

これこそがベルカント唱法によるもので、超絶技巧ではないかと、私は思うのです。

以上ですが、ベルカント唱法を中心に、ブログの背景をお知らせしました。

お読みいただきありがとうございます。